2007年07月17日

BMW R100

r100.png

さんざん調べるんですが このバイクの素性がわかりません。

1983年に登場したBMWのKシリーズ。
それまで伝統のFLATツインのRシリーズに代わって
直列4気筒のKシリーズは
「こんなのBMWじゃないやぃ!」とファンを失望させたわけで
んじゃRも併売しましょう!ってことで 
水平対抗2気筒も生き残ったわけです。
それは今も続いていますが・・・


変わったデザインのチューブレスキャストホイールや
フロントフォークの前に置かれたブレンボのキャリパー
そしてスイングアームとドライブシャフトが一体化したモノサスは
85年に発売された 輸出専用モデルのR80。

でも大型のハンドルマウントのフェアリングはR100CSのそれ。
日本仕様で NewR100CSみたいなモデルが販売されたんですかね?


まぁそれはさておき・・・
若い頃はこんな不恰好な しかもでかくて重そうなフェアリング・・・
ハンドルが高いからフェアリングも高くて
いやそもそもフェアリングなんて呼び方もダサくて
ってかこれ風防やん!
なんて思ってましたが 今見るとなんてカッチョいい!
思いっきりカフェじゃないですか。


伝統のBOXERエンジンは70ps
1000ccで70psなんて 国産からすればチャンチャラですが
カタログスペックだけでは語れないのがバイクの世界。
実際、今でもこのエンジンがパリダカールを走っていることを考えれば
すばらしいエンジンが開発されたものです・・・さすがドイツ製。

このRシリーズは最小排気量は450ccで27psなんてモデルもあるそうです。

 

r100.jpg
jpg

r100.gif
gif

r100.png
png


 




| Comment(1) | TrackBack(0) | BMW
2006年12月03日

BMW R1200C

R1200c.png

うわ どうしちゃったの?

BMWといえばヨーロピアンでツアラーで
高速道路をカッ飛ぶイメージが普通なのですが
いきなりアメリカンなR1200C。
渋い渋いBMWの殻を脱ぎ捨てて メッキぎらぎらのまばゆい車体。
テレバーもむき出しで これがテレバーでござい!と威張ってます。
思い切ったローシートはまるでオールドハーレーのサドルシートみたいで
タンデムでも楽なBMWなはずなのに パッセンジャーシートはえらくちっこくて
ハングアップしたハンドルや スポークホイールは
まさにアメリカンと呼ぶべきスタイルです。


Rシリーズの水平対抗ユニットにはこんな使い道がったのか!と目からうろこです。
よく考えれば、BMW特有の直進性とメンテフリーなシャフトドライブ
そして低重心でタフなエンジンは
クルーザーと呼ぶべきバイクには最適。
もしかしたら 爆発的ヒットに・・・・なりませんでしたね。

アメリカン(和製も含む)としては異端児中の異端児ですし
BMWとしても異端児。
結局どちらの層にもウケずにラインアップから消えちゃいました。


1200ccの4バルブRエンジンですから それなりに速度出ちゃうんでしょうが
しかしカウルも無く 150km/hも出せば 恐ろしい風圧との戦い。
大排気量Vツインの鼓動も無く 後からカスタムできる隙も無い。
いったいどんな層をターゲットにしたのか・・・・
新しい層をつかむ実験的BMWなんだと感じています。


私は相当の勢いでこのデザイン好きですし、かなり気になるバイクですが
それでも100万以上払って買うかどうかと言われれば
普通のRシリーズ買うと思います。
オーナーになってしまえば 
そのレアさがいとおしくてたまらないバイクになるとは感じます。

これ乗ってたら ほんと注目されると思います。
ビックリバイクとしてはピカイチですね。

 

R1200c.jpg
jpg

R1200c.gif
gif

R1200c.png
png


 




| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。