2006年12月14日

YAMAHA DragStarClassic400

DSC400.png

1996年発売以来 国内アメリカン市場を牛耳るドラッグスター。
82年のViragoの発売時も 
あ・・・アメリカ製のあのバイクそっくり って思いましたが
ドラスタに至っては もう本家も超えてしまったかのようなデザイン。
ライバルはスティードでありシャドウなわけですが
街で見かける台数はドラスタが勝ってます。

さらにそのドラスタをファットな雰囲気満点にしたクラシック。
すべてのパーツがデザイン重視。
ステップもバーじゃなくてボード。
リアのモノサス化は リジッド風に見せるため。
各部のメッキも高級感たっぷりで スポークの張り方さえ芸術品。
XTXみたいな先鋭的なデザインでチャレンジ魂を見せるのに
こういうバイクでは要所をしっかり押さえるところは
デザインのYAMAHAらしいところです。
もうイジるとこなんか無いじゃん!と思うのですが
それでもアフターパーツはたっぷりあって 
いろんなカスタムをしたDSC400を目にします。

このデザインにハーレーは文句言わないのかな???っていつも思います。

フロント130/90-16 リア170/80-15に 
ファットなフェンダーでボリューム感満点。
低く長く太く とても400とは思えません。
全長は2450mmもあるし キャスターは思いっきり寝てるし 
タイヤは太いし こりゃ曲がるのに苦労しそうですな。
狭い駐車場なんか絶対に入り込みたくないですな。
アメリカン(今はクルーザーと言う?)は今まで一度も乗ったことありませんが
これならいいなぁ と本気で思います。
飛ばしたりすり抜けたりなんて気には絶対ならないだろうなぁ。
ワイルドなアウトローライダーと言うより
上品なクルージングライダーって感じが大好きです。



dsc400.jpg
jpg

DSC400.gif
gif

DSC400.png
png

 




| Comment(0) | TrackBack(0) | YAMAHA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。