2006年11月17日

SUZUKI Djebel250SE-1

se-1.png
92年発売の初代ジェベル250SE-Tです。

倒立フォークの戦闘的イメージで発売されたDR250S
油冷エンジンで車高調整機能がついてて 話題になりました。
そのDR250Sをベースにこのジェベルが誕生。

フロントフォークは正立になりましたが
ドライサンプエンジンもそのままに
セル装備 ガード付の丸ライト装備で ツーリングイメージ。
高速もツーリングも林道もこなすマシンとして発売。

とは言っても DR250Sとそう大して変わりはありません。
フレームの一部はオイルが入ってます。夏は熱いそうです。
29psもあるんですが いかんせん乾燥重量120kg 車高はDR250Sのまま。
しかも硬めのサスで足付き性はあまり良くないようです。
当然重く感じるわけで それがオーナーの不満につながるようです。
タンク容量もDRのままで9L



今見ると 現行のDjebel250XCのように特異的に大きなライトではなく
ライト周りは弟分のDjebel200/125とあまり変わりませんし
色も昔風な真っ白ボディに明るい青色。
時代を感じます。

大好きなのはリブが立ったリアスイングアーム。
いかにも強度増しましたって感じが力強いです。
全体的にカクカクしたイメージがロボットっぽいなぁと思うのです。
いやDR250Sのほうがもっとロボットっぽいですけどね。

ちなみにSE-TのSEはセルスターター装備の意味。
SE-U、SE-VはそれぞれDjiebel200と125です。



se-1.jpg
jpg

se-1.png
gif

se-1.png
png




 




| Comment(1) | TrackBack(0) | SUZUKI
この記事へのコメント
10年程前に乗ってました。イラストを見て思わず「懐かしい!」と独り言…。子供が出来てしばらく放置した挙句に売ってしまいましたのでなおのこと複雑な思いがあります。
マイナーなスズキのさらにマイナーな初代ジェベルを、まさか描いていただいてると思いませんでしたので感激しました。
他にもオフ車を描いてらっしゃるので、できればMTXやRH、DTなんてのも描いていただけたりすると嬉しいです。応援してます。
Posted by at 2008年08月03日 00:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。