2006年10月22日

HONDA GB250

GB250.png
クラシックな外観に熱いハート 83年発売のGBです。(絵は87')

XLXでデビューしたRFVCエンジン。
バルブを放射状に並べてあります。
4つのバルブが4方向別々に向いているわけで
なんだか複雑なロッカーアームが配置されています。
その26psエンジンをさらにDOHC化して30PSに引き上げて
ライトウェイトスポーツに仕立てたのがCBX250RS
さらにその外観をクラシックな外装に仕立てたGB250

そういうつもりで作ったわけじゃなかったのに
妙にウケちゃってカスタムベースに流行り始めていたSR400
お兄さんにあたるCB250RSもカスタムベースとして人気がありました。
これを見たHONDAが
「お!これイケるじゃん!」って感じで作ったのがGBだと理解しています。
これを契機に 最初からクラシカルに作りましたってバイクが
各メーカーから続々と発売されるわけです。

SSブームに対する両極の選択枝だったわけですが、
だからといってのんきにトコトコなバイクではこの時代は許してくれません。
軽量130kgの車体に30PSで6速ミッション その走りは推して知るべし。
ヒラヒラ感+ハイパワーで クラシックな見た目をナメると痛い目を見ます。

クラシックなのになんでDOHCやねん!とか
おいおいキック無しかよ! とか
単気筒なのにエキパイ2本かよ!とか
DOHCなのにロッカーアームあったら意味ないやん!とか
いろんな声をバックに でも売れまくり。
ベースのCBX250RSなんかほとんど見ないのに街はGB250だらけ。
CBX250は RS・Sともに86年あたりで消えていくのに
GB250はチョコチョコマイナーチェンジしながら
なんと2001年までの足掛け18年も販売されます。

中古も豊富だし 価格も高くないし 走れば速いし 燃費はいいし
これはいいバイク。



GB250.jpg
jpg

GB250.gif
gif

GB250.png
png 

 




| Comment(5) | TrackBack(0) | HONDA
この記事へのコメント
カブに10万キロ弱乗ったので
そろそろ免許皆伝(いやまだまだですが)と言うことで
2代目はGB250にしました。

中古車で入手後トラブルにも見舞われましたが、
何とか乗れておりますよ。
普段はまったり走れるし、
その気になれば6>5速に落としてどかーんと行ける。

まあ、見てくれの割にはマルチな才能を持った奴です。
Posted by 96cub at 2006年10月29日 02:09
これ、ずばり私の前バイクですわー。
こいつで菅生サーキットも走りました…
速かったですわ。よく壊れましたが。
Posted by すずき at 2006年11月09日 16:07
DOHCでもロッカーアーム式はフツーなんですけど。
Posted by 書き込む at 2008年03月15日 21:06
DOHCは直叩きこそ意味がある! って事ですね?
わかります。
Posted by さばなか at 2008年09月30日 05:55
GB250クラブマンにドリーム50風のタンクシート着けたい!
Posted by ゆーぼーと at 2010年12月15日 17:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。